Menu

養老乃瀧グループ

お問い合わせ

トップ>加盟店募集中>成功事例 一軒め酒場

加盟店募集中

成功事例 一軒め酒場

成功への道

一軒め酒場 横浜西口店オーナー
鈴木健人さん

養老乃瀧グループの看板とノウハウで時代にあった新業態へ転換。

時代に左右されない業態を求め、40年続いた割烹を大衆居酒屋へ。
横浜駅西口は、居酒屋激戦区だ。そこで開店以来、売上増を続けている店がある。それが一軒め酒場 横浜西口店である。
鈴木さんは、元々この場所で40年続いた老舗の割烹店を経営していた。しかし、その割烹店が今の時代に合わなくなってきていることも感じていた。
いつの時代にも変わらず支持される業態はないだろうか、そう考え続けて、出した答えが大衆向けの気軽に飲める居酒屋であった。
これならばいつの時代でも景気に左右されない不変のニーズがある。しかし、メニュー品目から店舗オペレーションまで、全てを変えなければいけない。
単店で激しい競争下にある大衆居酒屋業界に踏み入るには大きな壁があった。
ようやくたどりついた答え、それが「一軒め酒場」でした。
そんなときに出会ったのが「一軒め酒場」でした。
立ち飲み店にも負けない価格で、メニュー構成からその商品力には目を見張るものがあった。鈴木さんは「これだ!」と膝を打ったと言う。
本部に加盟申込みを済ませて、店内や厨房の改装工事が始まる。しかし沢山の思い出ある割烹の面影は残したい、冷蔵庫や空調など使える物は使いたい、什器も前の店の物を使いたい。低価格業態で利益を上げるには、投資金額を出来る限り抑えたい。鈴木さんの様々な要望を、本部が親身になって聞いてくれた。
やる気さえあれば繁盛店をつくれるシステム。
「養老乃瀧チェーンという看板とノウハウを頂けることは大きいですよね。たとえばバクハイというメニュー一つとっても、半世紀以上に亘って愛されている養老乃瀧ならではの知恵と経験が詰まってます。永年の居酒屋経営に裏付けされたノウハウが用意されてますから、後は気持ちの問題だけです。やる気さえあれば繁盛店は約束されたようなものだと思いますよ」と養老乃瀧FCシステムを語ってくれた。
販促POPからメニュー、調理マニュアルまで、グループサイトを介して直ぐに取り出して利用出来る。簡単でスピーディなシステムは、他のフランチャイズと比べても素晴らしいと思います」横浜駅西口に旋風を巻き起こした「一軒め酒場」の成功を不動のもとすべく、鈴木さんは更なる一手を思案中だ。
独立後の生活は?

もともと複数の店舗経営していたので、オープン後とくに生活が変わったことはありません。横浜西口店は朝10時から営業してますが、以前から仕込の為に10時には出社してましたから同じですよね。目下の悩みは「お客様が多くて忙しい」というスタッフ達のうれしい悲鳴ぐらいです。

気になる独立資金は?

資金は約2200万円。新業態の開店と考えると、非常に少ない金額だと思います。この金額で、画期的な新業態ノウハウとFCスケールメリットを使えるのは大変有難いです。養老乃瀧55周年で「生ビール55円セール」を開催した時には「1日で1700杯」のビールが出ました。以前は到底考えられないことですからね。

加盟条件等の詳細